慣れる能力

尿道カテーテル生活は、正直いって苦痛でした。
それなのに、人は慣れていってしまいます。
四の五の言っても仕方がないと理解すると覚悟が決まるのでしょう。

どんどん溜まっていく尿バッグを点滴カート?にぶら下げたまま、病棟を散歩したり、シャワーしたりなどできるようになるのです。

我ながら驚きです。

 

快適ではなくても慣れる
慣れるけど、容認できているのは終了する日が分かっているからです。
これが永遠だとなると、全く違う反応になるだろうと思います。

 

 


weekly reading

Everyday spiritual

マンガでチラ見

Event


Next
退院から2ヶ月経過…