術前説明

手術に際し気になったのは1つだけでした。

麻酔をかけているにもかかわらず、手術で刺激されて筋反射が起きること。
主治医の説明では、麻酔をかけていてもごく稀にあるという。

咄嗟にイメージした映像を見ながら、

「じゃ、私の足を拘束して頂き・・・」と訴えるも、私の言葉を遮るように
「いや、そういうことではないんですよ」と。

結局神経のことなので、絶対は無いということだなと納得することにしました。

 

そんな背景がありつつ、麻酔科からの術前説明は若い男性医師によるマニュアルトークだったのです。頭から終わりまで、とりあえず伝えるね、みたいな・・・。

ホントごめんなさいと心で手を合わせて、彼のエネルギー読んでしまいました。で、納得!!
単なるお使い坊やだったのです。
そりゃあ説明する声にも誠意や熱意などが出てくるわけないです。

譲歩しちゃいけないと直感したので、一旦差し戻させてもらいました。

 

私が所有していて、この先死ぬまで使う身体に大きな影響を与えるだろう麻酔。
その説明を「かもしれない」を連発する説明では、不納得だったのです。

くどくどうるさい患者だなと思われようと、一向に構いませんでした。

 


weekly reading

Everyday spiritual

Event


Next
手術前に危惧してい…