ママ、お姉ちゃん産んで

私が作った癌は42ミリと11ミリというサイズでした。
MRI撮影した日の夜、手術のことを娘に伝えました。

終わってから話そうか?とも思ったのですが、
逆の立場だったら怒るな、激オコだなと。
「心配もさせてもらえなかった」と、怒るよねと腹で感じて・・・。

いや、本当はそんなんじゃない。

本音を素直にいうと、話したとき娘が凹むのが怖かったのです。

 

独り立ちしているとはいえ、心配だろうし心細いだろうなと。
どこのお子さまもそうだと思うのだけど、
自分の親は何でもできると思う時期があります。
彼女もそうで、私を魔法使いだとでも思っている風で・・・。

 

「ママ、ワンちゃん産んでぇ」
「ママ、お姉ちゃん産んでぇ」

 

奇想天外なお願いをされるたびに、面白いけど困りながら説明したものです。

親としての私も、自分に課している部分があり、
頑張って「子どもに心配をかけない親」であろうとしていました。

そういう感覚や感情を丁寧に紐解いて、確認することができたのは
膀胱癌になったお陰だなと深くため息をつきました。

この辺りから、「親」としての力みが取れて、今まで以上に
一人の女性や人間として、子どもとの新たな人間関係が育まれるようになりました。

 

私たちは本当に仲良しで、
だから彼女が凹むのが怖かったのです。

悲しませる原因になるのが嫌だった。

打ち明けたとき、やはり彼女は心配しました。
でも受け止めてくれて協力してくれて、本当に心強く、有難かったです。

 


weekly reading

Everyday spiritual

Event


Next
オペ当日は、夜明け…