心が決まると身体は動く

脳は刺激に興奮していました。
でも子どもに話すことを考え出したら、気分は一気にダダ下り。

「あのね〜、手術を受けるんだぁ」

こうじゃないな・・・。 違うな・・・。

何と言えば?

どう話せばいいんだろう??

 

確かに放置してはイケナイやつです。
手術を受けるし、受けなきゃならない。

 

病院からの帰り道
遠くを見つめ、彷徨う心を引き止めもせず、立ち尽くしていた。呼吸の音だけを聞き続けて・・・・・・。

どれだけ時間が経っただろう?

ふと、心が決まった。

タイミングよく少し先に見える信号が青になり

私は歩幅を大きくして前に進んだ

 

「よし、今夜話そう!」

私はもう困っても迷ってもいませんでした。
勿論、暗い気持ちのお誘いに乗らなかったので、

病人ではなく「すべきことを知っている人」になっていました。

 


weekly reading

Everyday spiritual

Event


Next
入院支度は、1週間…