背中で、見る

太陽を見る、食べるなど、エネルギーを高めるとか健康に良いとかいって伝えられているやり方があります。

あるときある道士との会話の中で
「背中で、見る。とかね・・・。」と投げかけられまして。

何でもかんでも順序立てて体系化し、コレの次ははいコレねと“教えられる”ことに慣れていると、道士との会話はチンプンカンプンで、ワケわかりませんし混乱することもあります。

コレを学べばこうなる!
この方法で毛穴がキュッと引き締まる!
こうすれば健康寿命が伸びる!

私たちはこういったハウツーが大好きで、無意識のうちに頼りにしていて、期待し、購買意欲を掻き立てられ消費したり致します。

“教えられる”ことに慣れているので、
「習ったことを習ったようにしているうちはプラクティスのためのプラクティスをしているに過ぎない」と聞けば、じゃあどうすべきなのか??な〜んて考えたりしてしまいます。

それで、まあともかくは太陽に背中を向けてみたり致します。
ぼけ〜っとしていると、それはただの甲羅干し的な(爆 ことになるかと・・・。

んじゃ、呼吸を意識してみっか。
みたいなことを考えたりしまして、ん?立ち方か??とか、思ったりしつつ、思考が相当に働くわけでございます。

何度も何度もアレコレやるわけです。
場所を選ぶべきでは?とか、時間帯が、みたいに回りくどい犯人探しにまで発展したりもします。

それでも諦めずに、しつこく繰り返していると、
ある日、何かがストンと腑に落ちたり落ちなかったりします。
やればこうなる、という道筋は、多分、無いように思います。
楽器の練習に似ているかもしれません。

似ているというなら、
道士との会話は、神様やアセンデッドマスターたちとのそれと似ています。
彼らの視野は計り知れず、観ているところが違う。
彼らとの会話は“教えられる”ことや“習う”こととは違うように思うのです。

結果的に、あのとき道士の言葉が導いてくれたと感じることもあるでしょう。
あのタイミングで神様やアセンデッドマスターたちのメッセージを聞くことができたから、ということもあるでしょう。

でも、道士も神様やアセンデッドマスターたちも、“導こう”とはしていないのだと思います。

背中で、見る。
腑に落ちようが落ちまいが、
明日も夏至の儀式でやるわけです。



前の記事を読む
嫌なことや面倒たと感…