なぁ〜んにもしない

私たちの頭の中はいつも忙しい。
毎日毎日、アレやってコレもやって、
それから、それから・・・
ああ〜、こっちにもあった・・・。

時々は(本当は1日に数回)
な〜んにもしない時間が必要だと思います。

怠けているのではなく、
サボっているのでもなく、

インプットした沢山のことを
まとめたり、取捨選択したりする時間。

アウトプットしたいろんなことを
省みたり、再検討すべきことが有るか無いかを検証する時間。

回遊魚のように、いっつも動いていて
止まったら死ぬ!
とか思っていて
むしろ動いているときのほうが
自分らしいと思い込んでいて・・・。

点滴打ちながら仕事して、
エネルギーを使い切っては倒れ込む。

もうそんなことしないも〜ん。

猫たちが先生です。
彼らがやってきて6年。
うちの中が様変わりしたし、高価なブーツで爪研ぎされたりしたけど、
怒れない。

けれど、けれど
私とタイム感が全く違う子どもが素晴らしい先生です。
20年かけてやっとできるようになって、
だいぶ身についてきたかんじがします。

なぁ〜んにもしない時間を愛おしく感じるようになったから。



前の記事を読む
今日出逢った女性が、…