急がばゆっくり?

世の中そろそろ5G(第五世代)の回線に移行しつつありますね。
映画1本ダウンロードするのに、数秒!?

モデムを使ったダイアルアップ接続で、画像を開くのに長々と待っていた。あのころからまだ20年ほどしか経っていないんですよね・・・。

なんでもかんでもサクサクできてしまうようになるので、連動して私たちはどんどん「せっかちさん」になっているかもしれません。

回線はデジタルですが、
身体はアナログ・・・。

何かを学んで習得するには、時間がかかりますよね。

急ぐあまり表面的なことだけ知ったつもりになっていることもあるのではないでしょうか。

私が今猛特訓している『ジーニャス・プログラム』の提唱者・小田全宏先生は、こんな風におっしゃっています。

ゆっくり、正確に、気持ちよく

そう言われてみれば楽器演奏の練習もそうだったし、英会話の発音も・・・。
何度も何度も同じことを繰り返して、身体に慣らしていきますよね。
鍵盤楽器なら指の動かし方やペダルを踏むタイミング。
英会話なら、口内や舌を動かす筋肉(表情筋までも)を発話できるように訓練するなど。
思い返すとむふむふむ、納得!ということ多数です。

身体が覚える(身に付く)まではちょっと時間がかかってしまいますが、せっかちさんに変身するのをグッとこらえて

『ゆっくり、正確に』続けていたら、ある瞬間、難無く出来るようになります。
自転車の練習と同じですね。

気持ちが急いたときは、ちょっと深呼吸して『ゆっくり、正確に』やってみてはいかがでしょうか?
『気持ちよく』というアハ体験がその先に待っていますよ。


weekly reading

Everyday spiritual

Event


Next
今週は潜水状態から…