「頑張って!」の使い方

「自信もって!」なんて言われても、そうそう自信など持てない。
言うほど容易なことではない。

コンビニで気軽に買えるものでもないし・・・。

気持ちが落ちてるときなんか、
「自信持って!」なんて言われると
「オマエがな」と、心で毒づいたりしたくなる。

純粋に励まそうとしてくれているのが伝わっていたとしても。

PEPトークでは、励ますとき「頑張って!」という言葉をどう使うか考えようね〜というセオリーがあるようです。

すっごく頑張ってプレゼン資料作った人が、本番直前に緊張MAXっていうとき「頑張って!」と投げかけられると、
もう頑張ってるよ〜、これ以上どう頑張れっちゅうねん!!
みたいに、余計な刺激となってしまうことがあるからだそうです。



前の記事を読む
以前示されたことが今…