何回も、何回も

どうして人は生まれ変わるの?
「本当は一度で十分なんだけどね」っていう人もいる。

「実は一度だけで、パラレルで同時進行しているから生まれ変わっていると勘違いしてる」っていう人もいる。

「いやいや、生まれ変わったりなんかしないよ」という人もいる。

答えは、多分・・・、無い。

そこに質問があって、気持ちや思考が動く。
身体も動く。
答えを見つけているつもりだけど、本当は質問しか、ない。

どうして人は生まれ変わるの?

退行催眠を受けたり、セルフヒプノや体外離脱で何度も実施したけれど、全容を把握できているとは言えない。

私の体験では、どの前世もリアルだった。
苦しいことも幸せなことも、何人もの人を刀で切りつけている感覚も、修行を積んでいる恍惚感も・・・、ビジネスで大成功しているとき、アーティストとしての苦悩、農作業、子沢山の大家族・・・。

リアルだけど、どれも今の生とは違う。
見えないところで影響し合っていることは体感として有る。
ま〜ったく空振りで、ほどんど影響していない生も有った。
ただ、それだけだ。

私が信じているのは、前世の記憶や感覚がどんなにリアルでも、それらは全て今を生きることの邪魔になるってこと。だって、気が散るじゃない。

ただでさえ情報の洪水で気が散りやすいのに、これ以上はいらない。
もしも何かで今の人生以外の情報を知ったとしても、それがどんな人生だとしても、軸は今

前世の記憶を今の人生に活かせると知って実践してみたら、別の人生で培った技術などをツールとして使えるんだっていう考えに変わった。

前世という言葉も知らず、全く無意識に活用している人もいるのだから、ことさらながらに生まれ変わり云々にこだわる必要はないような気がする。

どうして人は生まれ変わるの?

「気を散らせなければ便利に使えるからぁ〜」(チコちゃん風)

答えはないんだけど・・・。



前の記事を読む
中国茶を淹れるように…