2019年間リーディングの受付を始めます

2018年は、大きな意味で節目となる時間が流れました。
旧態依然とした様々な組織に内側からメスが入りましたね。

大枠では長い歴史に終止符が打たれ新しい様式が採用されるのですが、変わっていくことに反対する権力や財力によるパワーは健在。
ただ、個人や小さなグループが多様性を活かしてそれが徐々に新しい波となってムーブメントを起こしてきました。
2019年は、この流れが更に加速します。私たちはより「個」を見つめなければなりません。大樹の影に隠れ続けることが難しくなります。経済がキーワードとなるでしょう。

そんな2019年は、考えることと感じることのバランスが大きなテーマとなります。ということで、今回は賢く聡明なあなたが信じて頼ってきた思考をより実生活に活かし、感じている存在でもあるのだという再認識にフォーカスして行います。

自分という存在を再認識して、発見したり省みたりすること、またバランス感覚をを引き寄せる気づきやメッセージをふんだんに盛り込んだリーディングをお届けします。 

エンプティーチェアーとは
リーディング技法の一つです。 空席の特別な椅子を一脚用意して向かい合って座り、そこにあなたを呼び出して光のマスターたちからのメッセージを受け取ります。

お申し込みはKazuyo Ray Webshopから