記憶とリンクした感覚を手放してしまえ〜

ちょっと前のことですが、
久しぶりに都税事務所に出向きました。
あまりに綺麗になっていたので、通り過ぎてしまいそうになって・・・。

かつての面影を呼び起こす際、一緒になって記憶が蘇りました。

その場所に都税事務所と税務署が並んで存在していたころ、
会社の決算を終えて書類を提出しに行った時のことが
まるで昨日のことのように思い出されたのです。

「手分けしよう。僕は車で待ってるよ」と、彼が言ったこと。

スンナリ聞き入れて2つの書類を持って車を降りてから、
あれ?なんかオカシイんじゃない?と気づきながらも、
取り急ぎ提出する事を優先して動いたのです。

隣同士並んでいようと入口は別々だったので、
入って用を済ませて出て、
また、隣の建物に入って出て・・・。

彼の言葉を咀嚼しながら、ふつふつと怒りが湧いてきたんですね〜。

違うじゃない!!
エアコン効いた車の中でじっと待つあなたと
汗を流して動くアタシ。

もぉ〜何よ!!それって手分けって言う?!!

 

ま、これも記憶に残存している体験のカケラです。
それが起きたのはかなり昔なんです( ;  ; )

出来事を体験したとき、沸き起こった感情エネルギーは、
五感をともなって記憶されます。

卒業から数十年経過した小学校の校庭に立ったとき、
当時の記憶が蘇るのと似ています。

同様に、「言葉」がトリガーとなって蘇る記憶もあります。

公共の乗り物に乗車中、無関係な人々の会話で
「だからダメなんだよ!」
というワンフレーズだけが耳に飛び込んで来る。

そのとき、
かつてその言葉を投げかけられた人のことを思い出し、
いや、真っ先に、嫌な感覚と閉塞感というフィーリングかもしれませんが、
記憶が感覚と共に蘇り、そのときの気分を再体験するのです。

私たちが人生で体験していることは、あらゆる角度からメモリーされており、
その人の選択や行動を制限します

そういった仕組みに気づいて
積極的に修正をかけることはできるのをご存知でしょうか?

90日であなたの人生を劇的に変える12の法則と1Stepで、
具体的な取り組み方をご紹介しております。

体験セッションを受けてみませんか?
2月1日(木)から人数限定で募集します。

優待割引のフルセッション募集は2月末に実施します。



前の記事を読む
活力が漲って、方向性…