次元移動

今思えば、予兆があった。

ダイアで作られたソロモンのリングとヒーリングテンプルに使われたというラリマーのリングがセットで忽然と姿を消した。

大事にしていたのに、気づかず過ごしていたことに驚いた。
もっと驚いたのは、紛失したというのに残念という気持ちが微塵もなく、嬉しいとか、安心という感覚に満たされていることだった。

「Rayちゃんのリング、来たよ!」とジュエリーデザイナーの友人から連絡が入り、寝る間を惜しんで仕事していた自分に「喜びの種」として大枚叩いて買ったのがソロモンリングだった。

その友人は若くして他界したので、彼女との思い出深い品でもある。たくさんの儀式、祈願、旅をともにした指輪だった。

ラリマーのリングは、スピ系の石を取り扱うショップでお手伝いしたときに頂いたもので、これもまた深い時間を過ごしてきた品。

メイトランドに尋ねたら、いつもならうるさいくらいあれこれコメントしてくれるのに「知らない」と妙な返事。怪しい・・・。ソロモンは沈黙を守っている。めっちゃ怪しい・・・。仕方なく石のエネルギーをトレースしたときは、大きめの砂利や石がゴロゴロしてる水場に転がっているのが見えた。水色の石だからラリマーだ。現実的にも、思い当たる場所は全て大捜索し、問い合わせ、出向いてもみたが見つからない。

探しているときも、今も本当に不思議だけど、惜しいという気持ちが全く感じられない。

夜になって魔女友に尋ねると「あっちの世界に行ったから、もう出てこないよ」と。「別な転生のRayがなんらかの形で受け取ってる。このダイヤはヨーロッパで貴族のあなたが婚約指輪で受け取った。ラリマーはアジアか中東の男のあなた」

「なくすくらいなら、その前に私にくれてればよかったのに」と間に挟みながら、彼女が伝えてくれた話に納得している。二人して最近脱力に次ぐ脱力をし続けているせいで、オカシクなっているとも言えるけど、何基準でオカシイというのか!?

そんなことより、次元移動。楽しい!
あっちが無くしてこっちに来て、そして無くしたと思ってたあちらが棚の中から今、みつけたかもしれない。

人それぞれ色んな捉え方をするだろう。
それでも今の私はこの出来事を楽しんでいる。
このことが今後展開する出来事の予兆だと感じるし、起こることをそのまま起こさせる準備はできている。



前の記事を読む
考えているから「解っ…