Life-creation リポートの活用のコツ

とても勿体無いことをしているかもしれません。

あなたの貴重な時間とお金を使って取り組んでいるLife-creationを進めるとき、リポート提出するのはどうしてでしょうか?

本気で取り組んでおられる方は、おのずと伝わるものです。
全てのリポートを拝読させて頂いているので、
①レクチャーセッションで伝えたことに取り組まれていて、
実践を通した質問がされていれば、それにお返事しております。

ときには、メールセッションのようになる場合もありますが、やはりそれは御本人の真摯な取り組みが引き寄せたものなのだと感じます。
※場合によっては追加料金を承る場合もありますが、ほとんど申し受けたことはありません。

<参考までに>
これまで、様々なリポートを拝見してきました。
動画、パラパラ漫画、音声というケースもありました。
日記のように書かれている場合もあります。
宿題が出たとき、仮に呼吸法だったら・・・。
*月*日AM先ずは5分実施。落ち着かない、眠くなる。
*月*日PMやる気が起きず、3分しか続かなかった。
〜中略〜
ここまで10日間取り組んでみて、自分で驚いています。
続けられたことにビックリです。

また別のケースでは、
質問です、この前のセッションで***ということでしたが、***の場合はどうなのでしょうか?

・・・という質問がいくつも書かれているなど。

3d human with a red question mark

それぞれの可能性をそれぞれの視点でダイナミックに創造していくことを一切邪魔したくないと考えておりますが、
・メールタイトルが意味不明
・リポート以外のメールを利用して返信する形で提出
・突然要件が記載されている
・連絡無く、提出日を無視して好きなときに送る
・まとまりなく、ランダムに本数送る
などなど・・・、成長云々以前に社会人として相手を尊重することが難しい方もおられました。

非常に残念なことですが、これらは依存の種と成り得る行為です。

送る側は一対一ですが、受け取る側にとっては一対多です。
内容以前に不備の多いリポートを受け取りますと、繋がりのある過去のメールを探す時間を要します。
そういったことを「想像しない」のは、同時に誰かにそうされることを許可しているマインドを示しているのです。

画一的になってしまうデメリットを避けたかったのですが、時代も変わりましたし基本的な礼節は私が教えることでもございません。
皆さまがたを立派な一個人として、尊重する選択をしましたのでご理解ください。

ソロモンはWinWinの精神を尊重します。
従いまして今回から、リポート提出用のフォームを採用することに致しました。

しかしながら、「今回のリポートは是非動画で提出したい」などご要望がある場合は喜んでお受け致しますので、お手数ですがその旨提出フォームにてお知らせくださいませ。(一旦は、締切日までにフォーム送信を要します)

もし、何を書けばいいか分からない、ということでしたら、
それこそが書くべきことです。
書きながら、是非以下のことを自問してみましょう。

「何が、どう分からないのだろう?」
「自分はどう分かりたいのだろう?」

もちろん、正解はありません。
お問い合わせ頂ければ喜んでお返事いたします。

毎日祈願して、繋がっています。
あなたの夢や願いを私の祈りとして受け止めております。
誠心誠意皆さまと向き合い、心の底から応援していますので、どうか宜しくお願いします。
提供された全てをフル活用して、どんどん夢を叶えるぞ!!くらいのお気持ちで。

慈愛に満ちた翼とともに
Ray