1月11日〜ウィークリー・リーディング

冒頭は・・・。
水面下で動きがあるものの、表面にはまだ現れないという一週間のようです。

予めの想定も期待も軽く肩透かしムードですが、
単純にそういう「時」なのです。
原因探しも自責もせず、2016年という年のスタートがどのような動きをしているのか観察してみましょう。若干まどろっこしい雰囲気もあるので、イライラする方も少なくないと思うのですが、動きがあればよいというわけではありません。かっとばす前の「溜め」の時期ともいえます。



前の記事を読む
冒頭は・・・ 明けま…