「所有している」という意識

私たちは何かと欲しがっていないでしょうか?

新しいiPhoneが発売されるから欲しいなぁ〜
あれ?アタシか・・・(爆

こんな車、あんな家、あの人のような容姿、ああいう暮らし・・・・挙げればきりがありませんね〜。

人のそんな想いは欲です。
と同時に向上心でもあります。

だから、欲を持つことを良しとしない観念を持っていると、向上しようとする想いと行動とが解離してしまうことがよく起こります。

「お金持ちほどケチである」
という話しを聞いたこと、ありますか?

「所有している」という意識は、手にしているものを離したくはないという考えとリンクしているようです。

例えばある大学でこんな実験をしたそうです。
被験者にペンを渡すA&渡さないBで、2つのグループに分けた上でそれぞれのグループに質問しました。
Aグループには「そのペンをいくらで売りたいか?」
Bグループには「彼らが持っているペンをいくらで買うか?」

結果は・・・・・。

 

Aグループの平均金額より、Bグループの平均金額の方が4割以上安かったのだそうです。

所有している人たちは自分が所有している物に価値を多く与え
所有していない人たちは自分が所有していない物に対して、所有している人たちより価値を少なく与えた。

私たちは、何かを所有することで自分に価値を付加しようとする潜在的意識が働くようです。

そういった人の意識に刺激を与えるコマーシャルに取り囲まれて暮らしているなぁと思います。
あれも欲しい、これも欲しいと思うのは、一体誰なんでしょうね〜〜。