立つ

自立するとか、我が道を行くとか、姿勢を正すなど志しを表す言葉は色々ですが、実質的に立つとはどういうことか⁈と考えることはあまりないかもしれません。

立ってみると、色んなことが分かります。意識し始めると、食器を洗うなどキッチンに立っているときも、ハッとします。また他の人がどのように立っているかが目に付くようになります。

立つ

ただそれだけのことなのですが、奥深い部分は考えても分かりません。実質的に身体を使って立ってみないと分かりません。そして、立っていてもアレがこうでコレをこうしてと狭苦しい思考の檻の中にいるなら、開くべきトコロが開きません。

今日良くても、それが継続する確約はなく誰かが保証するものでもなく、明日はハチャメチャかもしれません。

立つ。ただそれだけなのに。